スカンクラフトハウス店長・アンズハウス代表「あゆ」の視点で「人・モノ・暮らし」の出会いを綴ります。
我が家に新しい絵がやってきました。
我が家に新しい絵がやってきました。
描かれた方のお名前は「秋野 亥左牟(アキノ イサム)」さん。
昨年、姉妹で友達になった方のお父さんです。
1冊の絵本を10年掛けて書きあげるそうです。

先日、京都の古民家をギャラリーにしている会場で個展をされていたので主人を誘って出掛けました。
私、イサムさんの絵がとっても好きなんです。
何ともいえない独特な世界観、そして何故か胸がキュンとしてしまう。

イサムさんといろんなお話をしながら、それぞれの絵の説明を聞いていたら・・・
なんと、主人は、勝手にお買い上げ〜!!していたんです。
しかも、それは原画。

開いた口がふさがらないとは、このこと??

いつもは、な〜んでもいいという主人ですが、「コレ!!」と決めると、頑として動かない。

でも、私も気になっていた、かわいい絵なので許しちゃいました。
木の中に心臓があるところを主人は気に入ったらしい。それも主人の感性っぽいのでわかるし。

こちらの絵は、ペン画ではなく、細い細い筆を使って細かく描かれています。
娘さんに許可をもらったので、掲載させていただきました。
ありがとう!

●アキノ イサムのホームページ
http://amanakuni.net/isamu/

店長 あゆこ
■北欧雑貨・北欧の暮らし・セレクトショップ●SCAN CRAFT HOUSE●http://www.s-c-house.com
お気に入り|モノ comments(0) -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>