スカンクラフトハウス店長・アンズハウス代表「あゆ」の視点で「人・モノ・暮らし」の出会いを綴ります。
風邪の友 お粥
病気の時の食事には、

やっぱりお粥と梅干し

ですね。




海外に行く時は、必ず梅干しを持参します(^ ^)



こちらのブログもどうぞ。
北欧紀行など
北欧雑貨ショップブログ

★ショップはこちらへ★


店長 あゆこ
■北欧雑貨・北欧の暮らし・セレクトショップ●SCAN CRAFT HOUSE●http://www.s-c-house.com
日本の良きもの comments(0) -
風邪の友 みかん
今年の秋より2回目の風邪を引いてしまいした…

今回の風邪は、キツ〜イです(^^;;


風邪には、ビタミンCという事で、

鹿児島物産のお店で、

あま〜い、あま〜いミカンをGET!


暖かい部屋でミカンをパクパク食べています。

小ぶりで食べやすい。

もっと食べたいけど、ミカンの名前を忘れてしまって。

風邪のせいかな?

皆さんも風邪をひかないように、気をつけてくださいね!



こちらのブログもどうぞ。
北欧紀行など
北欧雑貨ショップブログ

★ショップはこちらへ★


店長 あゆこ
■北欧雑貨・北欧の暮らし・セレクトショップ●SCAN CRAFT HOUSE●http://www.s-c-house.com
日本の良きもの comments(0) -
りんご大福
友達に、

兵庫県加古郡稲美町にある和菓子屋さんの

「松葉堂」さんに連れて行ってもらいました〜。

地元では有名な和菓子屋さんらしい。

私は、りんご大福をチョイス!

見るからにふわふわな感じで、
ピンクと黄色がふんわり彩り、
かわいらしい…




こちらも、気になったので


生菓子から山茶花を選びました。

見る方向によっては、ハートに見えますね?


5月ごろには、朝どりイチゴを使ったイチゴ大福が登場するらしいんです。

即、売切れになるとか。

来年は、是非食べてみたい〜!



こちらのブログもどうぞ。
北欧紀行など
北欧雑貨ショップブログ

★ショップはこちらへ★


店長 あゆこ
■北欧雑貨・北欧の暮らし・セレクトショップ●SCAN CRAFT HOUSE●http://www.s-c-house.com
日本の良きもの comments(0) -
マスカット大福
最近、お気に入りのマスカット大福です。

昨日はふたつ、今日もひとつ食べてしまいました。

店長 あゆこ
日本の良きもの comments(0) -
花咲く季節 part供 措蠅鼎りの簪(かんざし)〜

学生時代からの友達が、スウェーデンに住む姪っ子の為に、簪(かんざし)を手作りしてくれました。

(クリップタイプで髪に留め易いように工夫してくれています)

彼女には4人の娘がいます。幼稚園児から中学生まで。
忙しい合間をぬって、自分や子供達の洋服を手作りするがんばりやさん。
今では、業務用のミシンを使って私の洋服まで作ってくれます。

手作りしてくれた洋服を着ていると、何だか気分が違うんですよね。
温かいといういか、んー、なんて表現したらいいんだろ。。。
一人で居ても一人じゃない気がするし、寂しくないし、がんばれる。
勇気をくれる事も。
それって、やっぱり“温かい”と言うんでしょうね。

そんな彼女が、娘達の踊りのお稽古を通じて出会った簪づくり。
メキメキと腕を上げ、趣味の域を越すまでになっています。
書店で始めて手にしたかんざし作りの本を見て、著者の家にまで行って習ってきた話も聞きました。
最近では、簪づくりを依頼されるようになり、「かんざし工房 藤」としてがんばっています。

応援してるからね。がんばって!
忙しいのに、いつも有難う。

店長 あゆこ
■北欧雑貨・北欧の暮らし・セレクトショップ●SCAN CRAFT HOUSE●http://www.s-c-house.com

日本の良きもの comments(0) -
日本酒 〜石川県 鹿野酒造「常きげん」〜



先日、主人とNHKの「プロフェッショナル」という番組を見ていました。
能登杜氏の仕事の流儀の内容で、どうしてもその方が丹精こめて作った日本酒「常きげん」を飲みたくなったんです。
昨日から大阪近鉄百貨店阿倍野店で試飲即売会があることを知り、朝一番に行ってまいりました。
そして酒蔵の方にたくさんのお酒を試飲をさせていただき、お酒の種類の説明、保存方法や味の特徴などなど丁寧に教えていただきました。

口に含んだときには甘みがあり、濃厚で、喉を通った瞬間はスッキリ。
テレビで聞くコメントはどうしても想像が付かなかったのですが、試飲してみてよ〜くわかりました。
私にとっては初めての感覚の日本酒かもしれません。

購入したものは、発送をお願いしたので届くのがとっても楽しみです。

今は、テレビ放送のお陰?で、いろんなところでパニックになっているようです。
みなさんも機会があれば、是非足を運んでみてください。女性の方が丁寧に説明してくださいますよ。
(ブログ掲載を快く承諾してくださり、ありがとうございました。)

店長 あゆこ
■北欧雑貨・北欧の暮らし・セレクトショップ●SCAN CRAFT HOUSE●
http://www.s-c-house.com

日本の良きもの comments(0) -
今も呼吸をしている重要文化財の家
先日、堺で催しがあったクラフトフェア「灯しびとの集い」のイベント企画でトークショーに参加してきました。トークショーの開催場所は、ある重要文化財の家。今も実際に住みつづけられているため、普段は非公開となっていてるので、とても貴重な体験をさせていただきました。
建設が始まったのは、今から約400年前。安土桃山時代だそうです。そして、今の建物の形に落ち着いたのは江戸中期。
一年を通して、代々受け継がれてきた祭事をされており、 今もなお、呼吸をし生き続けている家でした。

新しいものを生み出し築いていく力と、守り続ける強さを感じる一日でした。

店長 本間あゆこ
■北欧雑貨・北欧の暮らし・セレクトショップ●SCAN CRAFT HOUSE●http://www.s-c-house.com
日本の良きもの comments(0) -
月桃(げっとう)の鍋敷き
小浜島出身の友達が、月桃(げっとう)で鍋敷きを作ってくれました。

もっと大きく編んでいくと円座になり、座布団や人も寝転べるようなマットにもなります。
不思議な事ですが、この円座に座っていると腰痛持ちの私でも、背もたれなく長時間座っていられます。
そして、月桃はとてもいい香りがするのです。

私も友達に教えてもらってチャレンジ中です。

月桃の茎の部分を使います。
ある程度乾燥させて、1本1本、茎を平らに伸ばしていきます。
そして、それを細かく裂いたもので縄状に編みながら、もう少し幅を太めに裂いたもので円形状に繋げていきます。


店長 あゆこ
■北欧雑貨・北欧の暮らし・セレクトショップ●SCAN CRAFT HOUSE●http://www.s-c-house.com
日本の良きもの comments(2) -
着物生地のリメイク
京都に住んでいる学生時代から友人のお母様から、ご自身の着物のをリメイクした座布団とクッションを頂きました。

いつも家族同様にかわいがってくださいます。
愛情がこもったもの、大切にされているものを預けてくださること・引き継ぐこと、温かいですね。
私の愛用品で手放せません。

店長 本間あゆこ
■北欧雑貨・北欧の暮らし・セレクトショップ●SCAN CRAFT HOUSE●http://www.s-c-house.com
日本の良きもの comments(0) -
古木との出会い
久しぶりのブログ更新です。

私はある知人のために、古木探しをしていました。
いろんな人の協力を得て、兵庫県にある材木屋さんに行って参りました。
そこで出会ったのが、姫路にあった酒蔵の築150年の古材。それを、雨ざらしの状態で5,6年保管していたものです。
地栂(ジトガ)という木だそうです。

芯の部分だけを使うので、その場で一面だけをカットしてもらい、中を見る事ができました。


どうですか?
この日は、あの大型台風18号が過ぎ去った翌日です。
不思議な事に、断面に触ると濡れていないんです。
しかも、爪を立てて、ギコギコこすっても何の傷も入らないんです。

私は、本当にびっくりしました。

あまりにも素晴らしいので、実はこの時カットした外側の部分を自宅に持って帰りました。

野ざらしだった外側の黒い面を、雑巾と歯ブラシを使ってきれいにすると、なんとツルツルなんです。私の肌よりもツルツルなんですよ。悔しい。。。

そして、単純に年輪を数えただけでも100を超えました。
一体、樹齢何年の木だったんでしょう。。。

この日は、私にとってとても有意義な日となりました。
木の事、人の成りの事、大変勉強させていただきました。
私のお願いのために集まってくれたみなさんに、感謝しきれない思いです。
きっと、この木がみんなを引き合わせてくれたのだと思います。

店長 本間あゆこ
■北欧雑貨・北欧の暮らし・セレクトショップ●SCAN CRAFT HOUSE●http://www.s-c-house.com
日本の良きもの comments(0) -
| 1/2 | >>